近畿大学、3季ぶり46回目のリーグ優勝
関西地区代表決定戦へ11年ぶりの出場
・2018秋季リーグ戦
・2018秋季個人成績new!!
・関大・多田桐吾通算100安打達成
・2018秋季チャレンジリーグ
 ・神宮大会・関西地区代表決定戦new!!


          
           new!!パンフレット 発売中
               詳しくはこちら
<勝敗表> 2018秋季リーグ戦
順位 チーム 勝点 勝率
1 近大 5 12 10 2 0 0.833
2 立命 3 10 6 4 0 0.600
3 関大 2 12 7 5 0 0.583
4 関学 2 11 5 6 0 0.455
4 同大 1 11 5 6 0 0.455
6 京大 0 10 0 10 0 0.000

試合予定 (秋季リーグ戦) 
  10月20日(土)  於:わかさスタジアム京都
  第8節1回戦
    第1試合  関大5-1関学 
 
    第2試合  立命1-4同大 
 
  10月21日(日)  於:わかさスタジアム京都
  第8節2回戦
    第1試合  関学 - 関大 (10:30) 
 
    第2試合  同大 - 立命 (13:30)
試合予定 (秋季チャレンジリーグ) 
  10月28日(日)  於:関学G
    第1試合   関学 - 同大 (12:00)


Twitterアカウント
関西学生野球連盟‏ @kansaigakusei_6

   
 平成30年度秋季リーグ戦
 10月20日(土) 於:わかさスタジアム京都
第8節1回戦 
  第1試合  関大5-1関学 
<戦評>
 関大が伝統の関関戦の初戦を勝利で飾った。
 関大は2回、2つの四死球で一死一、二塁の好機を作ると、松島恒(3・履正社)、高橋佑(4・龍谷大平安)の連続適時二塁打で3点を先制する。
 1点を返され迎えた7回、先頭の多田(4・明徳義塾)が二塁打で出塁すると、二死二塁から倉川(3・桜宮)が適時二塁打を放ち1点を追加する。
 9回には、倉川が右越えソロ本塁打を放ち、粘る関学を突き放した。
 投げては先発の山本隆(4・桜宮)が5回1失点と試合を作り今季5勝目を挙げ、救援した濵田駿(4・東福岡)が7回の無死満塁を無失点に抑え、リードを守り切った。
 関学は何度も得点圏に走者を進めるも、あと一本が出ず悔しい敗戦を喫した。
  第2試合   立命1-4同大 
<戦評>
 投打ががっちり噛み合った同大が、同立戦の初戦を制した。
 同大は2回、小田(4・北海)、福島孝(4・大阪桐蔭)の安打などで二死満塁とすると、杉内(3・今治西)の適時打で2点を先制する。
 さらに4回、二死から辻(4・履正社)、杉内の連打などで満塁の好機を作ると、福原(4・今治西)が2点適時打を放ち、リードを広げた。
 投げては、福島孝(4・大阪桐蔭)が9回1失点の投球で完投勝利を挙げ、リーグ戦通算20勝を達成した。
 立命は最終回に意地の反撃を見せるも、序盤の失点が重くのしかかった。

 
≪球場へお越しのお客様へ≫
各球場には十分な駐車場がございません。
お越しいただく際は公共交通機関をご利用して頂きますよう
よろしくお願いいたします。
各球場へのアクセスはこちらをご参照ください。