・2018秋季リーグ戦
・2018秋季チャレンジリーグ
・第25回5リーグオールスター


          
           new!!パンフレット 発売中
               詳しくはこちら
<勝敗表> 2018秋季リーグ戦
順位 チーム 勝点 勝率
1 立命 2 4 4 0 0 1.000
2 近大 1 3 3 0 0 1.000
3 関大 4 3 1 0 0.750
4 同大 0 5 1 4 0 0.200
5 関学 0 3 0 3 0 0.000
5 京大 0 3 0 3 0 0.000

試合結果・予定 (秋季リーグ戦) 
  9月19日(水)  於:南港中央
  第1節2回戦
    第1試合  京大2-8立命
 
    第2試合  同大8-14近大 
 
  9月22日(土)  於:ほっともっとフィールド神戸
  第4節1回戦
    第1試合  関学 - 京大 (10:30)
 
    第2試合  関大 - 近大 (13:00)
 
  9月23日(日)  於:ほっともっとフィールド神戸
  第4節2回戦
    第1試合  近大 - 関大 (10:30) 
 
    第2試合  京大 - 関学 (13:00)
 
試合予定 (秋季チャレンジリーグ) 
  9月23日(日)  於:同大G
     第1試合  立命 - 同大 (12:00)


Twitterアカウント
関西学生野球連盟‏ @kansaigakusei_6

   
 平成30年度秋季リーグ戦
 9月19日(水) 於:南港中央
 第1節2回戦 
  第1試合  京大2-8立命
<戦評>
 立命が13安打8得点の猛攻で快勝し、勝ち点を2に伸ばした。
 立命は初回、先頭の福武(2・東海大甲府)の安打などで二死三塁の好機を作ると、橋本和(2・龍谷大平安)の適時打で先制に成功する。
 同点とされ迎えた4回、三宅(2・神港学園)、大本(3・神港学園)、安井(4・立命館)の3連打と、福武の適時打で3点を追加する。
 続く5回には辰己(4・社)、橋本和の連続二塁打と、大本の2打席連続となる三塁打で2点を追加し、京大を突き放す。
 さらに8回にも、山中(2・明豊)の2点適時二塁打で追加点を挙げ、勝利を確実なものとした。
 投げては山上(4・立命館宇治)が6回を投げ、7奪三振2失点の好投で試合を作り、3勝目を挙げた。
 京大は10安打を浴びせ、毎回のように好機を演出するも決定打を放つことが出来なかった。
 
  第2試合  同大8-14近大
<戦評>
 近大が両軍合計30安打が飛び出した乱打戦を制し、勝ち点を獲得した。
 近大は先制された直後の1回、山川(3・長崎商)、竹村(3・神戸国際大附)、谷川(3・星稜)の安打などで二死満塁とすると、中家(4・近大附)、川上(4・高知)の連打で3点を挙げ逆転に成功する。
 逆転を許し迎えた3回、佐藤(2・仁川学院)の二塁打などで一死三塁とし、谷川の適時打で同点とする。その後、2つの四死球などで二死満塁とすると、笹田(1・鳴門渦潮)、向(2・金光学園)の連打で計5点を挙げる。
 4回には谷川に2ラン本塁打が飛び出し、さらにリードを広げる。
 その後も攻撃の手を緩めず、合計14得点を挙げた。
 投げては、3番手の鷲﨑(3・創成館)が3回1失点の好投でリーグ戦初勝利を収めた。
 同大は、12安打を放ち脅威の粘りを見せるも、近大打線の勢いを止めることが出来なかった。
 
 

 
≪球場へお越しのお客様へ≫
各球場には十分な駐車場がございません。
お越しいただく際は公共交通機関をご利用して頂きますよう
よろしくお願いいたします。
各球場へのアクセスはこちらをご参照ください。