・2019春季リーグ戦
・2019春季個人成績new!!
・竹村(近大)通算100本安打達成!new!!
・2019前期チャレンジリーグ
・スポニチ関西学生野球連盟特集!
          
             パンフレット 発売中
                詳しくはこちら
<勝敗表> 2019春季リーグ戦
順位 チーム 勝点 勝率
1 立命 4 11 8 3 0 0.727
2 近大 3 10 7 3 0 0.700
3 同大 2 11 6 5 0 0.545
4 関大 2 13 6 6 1 0.500
5 関学 2 15 6 8 1 0.429
6 京大 0 12 2 10 0 0.167

今後の予定
2019年度春季リーグ戦
 
 5月25日(土) 於:わかさスタジアム京都
  第8節1回戦
   第1試合 近大 - 関大 (14:00)
 
   第2試合 立命 - 同大 (17:00) 
 
 5月26日(日) 於:わかさスタジアム京都
  第8節2回戦
   第1試合 関大 - 近大 (10:30)
 
   第2試合 同大 - 立命 (13:30)



関西学生野球連盟 @kansaibig_6





関西学生野球連盟‏ @kansaigakusei_6




2019年度春季リーグ戦
5月20日(月) 於:南港中央
第7節3回戦
第1試合 立命4-3関大
<戦評>
立命が白熱したシーソーゲームを制し、単独首位に躍り出た。
 立命は先制された直後の3回、山口乃(2・天理)の内野安打などで一死一、三塁とすると渡邉理(3・東大津)が左前適時打を放ち同点に追いつく。さらに好機を広げ、橋本和(3・龍谷大平安)が犠飛を放ち逆転に成功する。
 逆転され1点を追う8回、二死から橋本和、大本(4・掛川西)の連打で二死一、二塁とすると、代打の榮枝(3・高知)が右中間を破る2点適時三塁打を放ち試合をひっくり返した。
 この一打が勝負を決めた。
 投げては、救援した糸井(4・立命館)、山梨(3・静岡東)、有村(3・秀岳館)が無失点に抑える投球で勝利へ導いた。
 関大は、2度のリードを守り切ることが出来ず、勝点獲得とはならなかった。
第2試合 関学13-0京大
<戦評>
 関学が16安打13得点の猛打で京大を下し、勝ち点を獲得した。
 関学は初回、死球と犠打で一死二塁の好機を作ると、岩井(3・関西学院)の適時打で先制に成功する。
 続く2回、一死から黒原(2・智辯和歌山)が安打で出塁すると、野口春(3・智辯和歌山)の3号2ラン本塁打で2点を勝ち越す。さらに、藏本(4・小倉)の二塁打と岩井の適時三塁打で計3点を挙げる。
 攻撃の手を緩めない関学は6回、無死から野口春が二塁打で出塁し、敵失と岩井の犠飛で2点を追加すると、続く髙尾(4・関西学院)に3試合連続となる3号ソロ本塁打が飛び出し、試合を決めた。
 投げては、黒原、小田(4・熊本第一)の完封リレーで京大に付け入る隙を与えなかった。
 京大は3失策13失点と守備からリズムを作ることが出来ず、悔しい敗戦を喫した。
 

 
≪球場へお越しのお客様へ≫
各球場には十分な駐車場がございません。
お越しいただく際は公共交通機関をご利用して頂きますよう
よろしくお願いいたします。
各球場へのアクセスはこちらをご参照ください。