2003秋季リーグ戦
第4節・1回戦・第1試合
近 大−関 学
日時 平成15年 9月27日(土) 球場 南港中央
T.N
近大 0 0 0 2 1 0 0 0 1 4
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 5
試合時間  2時間40分 開始時刻 9時57分 勝利投手 折田 1勝0敗
終了時刻 12時37分 敗戦投手 野村 1勝2敗
審判 球審 松村 (立命OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 逢坂 (関大OB) 三塁打 中村
二塁 飯田 (京大OB) 二塁打 寺坂、藤田、野村
池ノ内、田辺
三塁 金岡 (同大OB) 対戦成績  関学1勝
KINKI
位置 名前 出身校
(右) 中村 智辯学園 5 2 0
(二) 井上 平安 3 2 1
(遊) 藤田 鳴門第一 4 2 1
(一) 若林 広陵 2 0 0
(左)三 寺坂 大阪学院大 4 1 2
(捕) 田中 PL学園 4 1 0
(中) 宮城 柳川 3 0 0
広瀬 大阪桐蔭 0 0 0
(三) 中東 広陵 3 1 0
桑田 近大福山 1 0 0
森川 大阪産大附 0 0 0
(投) 野村 近大附 4 1 0
33 10 4
KWANGAKU
位置 名前 出身校
(中) 黒川 広陵 3 0 0
(三) 池ノ内 浪速 3 2 0
(二) 田辺 天理 4 1 1
(右) 海田 2 0 0
(一) 近藤 今治西 2 0 0
(左) 相原 今治西 3 0 0
折田 郡山 0 0 0
松永 関西学院 1 0 0
(捕) 清水誉 小野 2 0 0
宮崎 一条 1 0 0
樋口 大阪商大 1 1 1
窪田 関西学院 0 0 0
(投) 新谷 浪速 1 0 0
北野 関西学院 1 0 0
水野 尼崎北 0 0 0
室谷 郡山 1 0 0
笹嶋 近江 1 0 0
(遊) 山田 浪速 2 0 0
打遊 渡邉 報徳学園 1 0 0
29 4 2
投手
野村 8 2/3 4 2
投手
新谷 5 6 3
水野 2 3 0
折田 2 1 1
チーム
【近大】 8 3 3 1 8 中村、井上 藤田、若林
【関学】 9 6 1 0 5 清水誉
【戦評】
 関学が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。
 関学は先発の新谷(4浪速)が丁寧な投球で序盤を無失点に抑えたが、4回連打と犠打で一死ニ三塁とされると、5番寺坂(3大阪学院大)に右中間へ適時二塁打を許し、2点を失う。続く5回にも藤田(3鳴門第一)の適時二塁打で1点を追加され、降板した。
 対する野村(4近大附)は立ち上がりこそ制球が定まらなかったが、2回以降は完璧な投球で、8回まで僅か1安打に抑えた。
 9回にも追加点を許し、4点を追う関学は、先頭の池ノ内(3浪速)が二塁打を放つと、続く田辺(4天理)も二塁打を放ち1点を返す。さらに連続四球などで一死満塁とすると、途中出場の樋口(4大阪商大)も中前へ適時打を放ち2点差。二死となった後、渡邉(2報徳学園)が遊ゴロで万事休したかと思われたが、これを藤田が悪送球。さらに一塁手の若林(3広陵)も本塁へ悪送球し、一走の窪田(4関西学院)が返り、サヨナラを決めた。3番手で登板した折田(3郡山)がリーグ戦初勝利。関学の対近大戦の勝利は3季ぶり。
 近大はほぼ手中に収めていた勝利を逃し、3連敗。

(写真:サヨナラ勝ちに繋ぐ適時打を放った関学・田辺(右)と樋口)
Copyright 関西学生野球連盟