2003秋季リーグ戦
第7節・2回戦・第2試合
近 大−関 大
日時 平成15年 10月20日(月) 球場 皇子山
T.N
近大 0 0 0 2 0 0 1 2 0 5
関大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
試合時間  2時間41分 開始時刻 14時08分 勝利投手 糸井 1勝1敗
終了時刻 16時49分 敗戦投手 岩田 1勝1敗
審判 球審 古川 (同大OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 宅間 (立命OB) 三塁打 中村
石井
二塁 田口 (関学OB) 二塁打
三塁 飯田 (京大OB) 対戦成績 近大2勝
KINKI
位置 名前 出身校
(二) 井上 平安 5 2 0
(遊) 藤田 鳴門第一 5 1 1
(捕) 田中 PL学園 4 3 0
(右) 中村 智辯学園 1 1 1
(一) 中東 広陵 2 1 1
(左) 寺坂 大阪学院大 2 0 0
中塩路 松山商 1 1 1
走左 森川 大阪産大附 0 0 0
(三) 大久保 阪南大 2 0 0
(投) 糸井 宮津 2 0 0
(中) 広瀬 大阪桐蔭 4 1 1
28 10 4
KWANSAI
位置 名前 出身校
(二) 森田光 関大一 4 2 0
(中) 坂口 尽誠学園 3 1 0
(三) 大阪桐蔭 2 0 0
打三 北川 酒田南 1 0 0
(右) 板坂 三本松 4 0 0
(捕) 奈良 関大一 4 0 0
(一) 光岡 生駒 3 1 0
(左) 野々村 上宮 3 0 0
(遊) 石井 観音寺中央 3 2 1
(投) 岩田 大阪桐蔭 2 0 0
田辺佑 明徳義塾 0 0 0
中島 初芝橋本 0 0 0
稲岡 市西宮 0 0 0
黒川 郡山 0 0 0
29 6 1
投手
糸井 9 6 1
投手
岩田 6 1/3 5 3
田辺佑 2/3 2 0
黒川 2 3 2
チーム
【近大】 5 4 6 1 6 田中、藤田
【関大】 7 3 2 2 6 黒川
【戦評】
 近大が効果的に得点を重ね、逃げ切った。
 関大初先発岩田(2大阪桐蔭)の前に3回まで内野安打1本に抑えられていた近大は4回、一死から田中(4PL学園)が左前打で出塁すると、続く4番中村(4智辯学園)が右中間を破る三塁打を放ち、1点を先制。さらに中東(1広陵)のスクイズで1点を追加した。7回には二死満塁から藤田(3鳴門第一)の内野安打で貴重な追加点を挙げた。
 久々の登板となった先発糸井(4宮津)は苦しみながらも粘り強い投球を見せ、今季初勝利を挙げた。
 関大は7回に1点を返し、続く好機に森田光(3関大一)が安打性の当たりを放ったが、中堅手広瀬(3大阪桐蔭)のファインプレーに阻まれたのが痛かった。
 近大は3位が確定。

(写真:再三のピンチを好守で救った近大・広瀬)

Copyright 関西学生野球連盟