2003秋季リーグ戦
第8節・2回戦
立 命−同 大
日時 平成15年 10月 27日(月) 球場 西京極
T.N
立命 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3
同大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
試合時間  2時間30分 開始時刻 17時36分 勝利投手 金刃 3勝1敗
終了時刻 20時06分 敗戦投手 染田 2勝2敗
審判 球審 小谷 (近大OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 飯田 (京大OB) 三塁打 中村2
二塁 田口 (関学OB) 二塁打 具志
末永
三塁 (関大OB) 対戦成績  1勝1敗
外左 衣川 (立命OB)
外右 金岡 (同大OB)  
RITSUMEI
位置 名前 出身校
(左) 赤松 平安 3 2 0
(二) 具志 平安 4 1 0
(中) 澤向 立命館慶祥 3 0 0
(右) 中村 東筑 5 3 2
(一) 緒方 藤蔭 3 0 0
西岡 貴志川 1 0 0
嶋岡 鳥羽 0 0 0
(捕) 市川 4 2 1
(遊) 後界 神港学園 3 2 0
(投) 金刃 市尼崎 4 1 0
(三) 秋武 立命館宇治 4 1 0
34 12 3
DOSHISHA
位置 名前 出身校
(三) 永山 PL学園 3 0 0
(遊) 執行 東筑 3 0 0
(左) 金澤 岡山城東 3 0 0
後藤 智辯和歌山 1 0 0
(中) 末永 小倉 3 1 1
(右) 今治西 3 0 0
(二) 尾上 玉野光南 3 0 0
(捕) 桑原 倉敷商 3 0 0
(投) 染田 郡山 2 0 0
阿部文 杵築 1 1 0
松尾 丸亀 0 0 0
上治 土佐 0 0 0
(一) 宗信 玉野光南 3 0 0
32 2 1
投手
金刃 9 2 1
投手
染田 8 11 3
松尾 2/3 1 0
上治 1/3 0 0
チーム
【立命】 8 2 4 0 10 赤松、澤、後界 金刃
【同大】 7 1 1 0 2
【戦評】
 立命が接戦を制し、同立戦の連敗を5で止めた。
 立命は3回、同大先発の染田(3郡山)から先頭の赤松(3平安)が中前打で出塁。二死二塁となった後、4番中村(2東筑)が中越えに三塁打を放ち、1点を先制する。しかし4回、ここまで無安打に抑えていた金刃(1市尼崎)が四球で二死二塁のピンチを作ると、4番末永(4小倉)に左中間へ適時二塁打を許し、同点とされる。
 その後は両先発の投げ合いとなったが、立命は8回、先頭の具志(4平安)が右翼線に二塁打を放ち、続く澤向(4立命館慶祥)が送って一死三塁の好機を作ると、またも中村が左中間に三塁打を放ち、勝ち越しに成功。さらに二死三塁から澤(4市川)が一二塁間を破り、1点を追加した。
 金刃は終始安定した投球で、同大打線を僅か2安打1失点に抑え、3勝目を挙げた。
 前日17安打放った同大だったが、今日は金刃を攻略できず、粘投の染田を援護できなかった。同大の連勝は7でストップ。

(写真:先制と勝ち越し、2本の適時三塁打を放った立命・中村)

Copyright 関西学生野球連盟