2003春季リーグ戦
第8節・1回戦
同 大−立 命
日時 平成15年 5月 25日(日) 球場 西京極
T.N

同大 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 4
立命 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3
試合時間  3時間31分 開始時刻 12時56分 勝利投手 渡辺 3勝3敗
終了時刻 16時27分 敗戦投手 中井敦 0勝1敗
審判 球審 新阜 (近大OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 飯田 (京大OB) 三塁打
二塁 逢坂 (関大OB) 二塁打 執行、末永、金澤
保良2
三塁 藤野 (関学OB) 対戦成績  同大1勝
DOSHISHA
位置 名前 出身校
(三) 永山 PL学園 5 1 1
(遊) 執行 東筑 6 2 0
(左) 金澤 岡山城東 5 1 1
(右) 今治西 5 0 0
(中) 末永 小倉 3 1 0
(二) 阿部文 杵築 2 0 0
大野 桐蔭 1 1 0
二一 大西 智辯学園 1 0 0
(捕) 桑原 倉敷商 5 1 1
(投) 渡辺 鳴門工 4 1 0
(一) 宗信 玉野光南 2 0 0
後藤 智辯和歌山 1 0 0
和田 市神港 1 0 0
岩本 桐蔭 1 0 0
峰久 丸亀 0 0 0
42 8 3
RITSUMEI
位置 名前 出身校
(中) 澤向 立命館慶祥 5 0 0
来海 開星 1 0 0
(二) 具志 平安 6 1 0
(右) 保良 平安 4 3 0
走右 赤松 平安 1 0 0
田中勇 出雲北陵 1 0 0
(一) 嶋岡 鳥羽 5 0 0
(左) 高橋孝 中京大中京 3 1 0
(遊) 川崎 智辯和歌山 4 1 0
(捕) 市川 5 2 0
(三) 秋武 立命館宇治 4 3 1
(投) 松村 玉川 3 0 0
中井敦 桐蔭 1 0 0
43 11 1
投手
渡辺 12 11 0
投手
松村 8 0/3 5 2
中井敦 4 3 1
チーム
【同大】 10 3 2 1 7 永山、金澤
桑原2
渡辺
【立命】 8 3 2 0 9 嶋岡、澤向
赤松
【戦評】
 同大が主将の決勝打で激戦を制した。
 同大は2回、先頭の末永(4小倉)の左越え二塁打と犠打で一死三塁とすると、7番桑原(3倉敷商)の遊ゴロで1点を先制する。
 しかしその裏、永山(4PL学園)の失策絡みで追いつかれると、続く3回には一死一塁から保良(2平安)に左翼線二塁打に左翼・金澤(2岡山城東)の失策が絡み、同点とされる。さらに8回にも桑原(3倉敷商)の悪送球で追加点を許した。
 同大は3回以降1安打に抑えられていたが、9回表先頭の執行(4東筑)が左前で出塁すると、続く金澤(2岡山城東)が右中間に適時二塁打を放ち1点差とすると、さらに四球と安打で一死満塁とする。桑原のスクイズを投手・中井敦(3桐蔭)が本塁へ送球したが、捕手・澤(4市川)が落球し、土壇場で追いついた。
 その裏一死ニ三塁とサヨナラのピンチを招いたが、渡辺(4鳴門工)が気迫の投球で凌ぎ、延長戦に突入。12回、一死から渡辺が自ら中越え二塁打を放つと、二死からここまで無安打の永山が左前に適時打を放ち、ついに勝ち越した。
 渡辺は12回を11安打許しながらも3失点(自責0)に抑え、完投で今季3勝目を挙げ、リーグ戦通算20勝を達成した。
 立命は松村(4玉川)が8回まで好投したが勝利目前で捕まった。

(写真:決勝打を放った同大・永山)

Copyright 関西学生野球連盟