2003春季リーグ戦
第2節・2回戦・第2試合
近 大−関 大
日時 平成15年 4月14日(月) 球場 西京極
T.N
近大 0 0 1 0 0 0 0 1 1 3
関大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
試合時間  2時間54分 開始時刻 14時27分 勝利投手 三木田 1勝0敗
終了時刻 17時21分 敗戦投手 黒川 1勝1敗
審判 球審 衣川 (立命OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 奥村 (同大OB) 三塁打
二塁 田口 (関学OB) 二塁打 寺坂2
森田光、石井、坂口
三塁 谷口 (京大OB) 対戦成績  1勝1敗
KINKI
位置 名前 出身校
(遊) 藤田 鳴門第一 3 2 0
(二) 井上 平安 3 0 0
(捕) 田中 PL学園 3 1 1
(一) 若林 広陵 3 1 0
和田 上宮 0 0 0
重阪 上宮 0 0 1
(右) 中村 智辯学園 3 1 0
中塩路 松山商 1 0 0
竹本浩 高知商 0 0 0
(三) 中東 広陵 4 1 0
(左) 寺坂 大阪学院大 4 3 1
(投) 糸井 宮津 3 0 0
谷山 平安 1 0 0
三木田 明徳義塾 0 0 0
(中) 広瀬 大阪桐蔭 2 1 0
30 10 3
KWANSAI
位置 名前 出身校
(右) 野々村 上宮 4 0 0
(遊) 石井 観音寺中央 4 1 0
(中) 坂口 尽誠学園 2 1 1
(三) 北川 酒田南 4 1 0
(一) 光岡 生駒 4 0 0
(左) 中島 初芝橋本 3 1 0
稲岡 市西宮 0 0 0
山田 明徳義塾 1 0 0
(捕) 奈良 関大一 4 0 0
(二) 森田光 関大一 3 1 0
(投) 増田 明徳義塾 0 0 0
梅景 橿原 1 0 0
安部 鳥羽 1 1 0
田辺佑 明徳義塾 1 0 0
黒川 郡山 0 0 0
32 6 1
投手
糸井 7 6 1
三木田 2 0 0
投手
増田 2 1/3 2 1
梅景 2 2/3 4 0
田辺佑 2 2/3 2 1
黒川 1 1/3 2 1
チーム
【近大】 7 7 4 0 11 井上
【関大】 11 2 0 2 5
【戦評】
終盤に底力を見せた近大が、両校一進一退の接戦をものにし、3回戦へ持ち込んだ。
 近大は3回、一死後9番広瀬(3大阪桐蔭)が右前打で出塁すると、その後制球の定まらない先発増田(3明徳義塾)から3連続四死球を選び、1点を先制。6回に逆転を許したが、8回に二死ニ塁から7番寺坂(3大阪学院大)の右越適時二塁打で同点に追いつくと、9回には一死満塁から途中出場の重阪(3上宮)が右犠飛を放ち、勝ち越した。
 先発糸井(4宮津)は4回まで1安打と好投したが、5回から関大打線に捕まりはじめ、6回に逆転を許した。しかし、8回からリリーフした三木田(3明徳義塾)が流れを断ち切る好投で、勝利を引き寄せた。三木田はリーグ戦初勝利。
 関大は6回に2番石井(4観音寺中央)、3番坂口(2尽誠学園)の連続二塁打で同点とすると、さらに近大守備陣のミスで勝ち越しに成功。リリーフ陣も粘り強い投球を見せたが、終盤に再逆転を許し、掴みかけた勝利を逃した。

(写真:9回に勝ち越しの犠飛を放った近大・重阪)

Copyright 関西学生野球連盟