2003春季リーグ戦
第4節・1回戦・第2試合
立 命−関 大
日時 平成15年4月30日(水) 球場 南港中央
T.N
立命 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3
関大 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2
試合時間 2時間30分 開始時刻 14時01分 勝利投手 松村 3勝0敗
終了時刻 16時31分 敗戦投手 黒川 2勝2敗
審判 球審 伊東登 (関学OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 小谷 (近大OB) 三塁打
二塁 飯田 (京大OB) 二塁打
三塁 田口 (関学OB) 対戦成績 立命1勝
RITSUMEI
位置 名前 出身校
(二) 具志 平安 5 1 0
(三) 秋武 立命館宇治 3 2 0
(左) 高橋孝 中京大中京 3 1 0
(一) 嶋岡 鳥羽 4 1 1
(右) 保良 平安 2 0 0
田中勇 出雲北陵 1 0 0
小川 立命館宇治 0 0 0
来海 開星 1 0 0
鳩山 立命館宇治 0 0 0
(捕) 市川 4 1 1
(中) 澤向 立命館慶祥 4 2 0
(遊) 川崎 智辯和歌山 4 1 1
(投) 松村 玉川 3 0 0
中村 東筑 1 0 0
中井敦 桐蔭 0 0 0
35 9 3
KWANSAI
位置 名前 出身校
(一) 安部 鳥羽 2 0 1
(遊) 石井 観音寺中央 3 0 0
(中) 坂口 尽誠学園 4 0 0
(三) 北川 酒田南 3 1 1
(右) 野々村 上宮 3 0 0
日浅 今治西 1 0 0
木下 報徳学園 0 0 0
(左) 中島 初芝橋本 3 0 0
山田 明徳義塾 1 1 0
(二) 森田光 関大一 4 0 0
(捕) 奈良 関大一 4 1 0
(投) 黒川 郡山 2 2 0
田辺佑 明徳義塾 1 0 0
光岡 生駒 1 0 0
32 5 2
投手
松村 8 4 0
中井敦 1 1 0
投手
黒川 6 1/3 8 2
田辺佑 2 2/3 1 0
チーム
【立命】 8 2 1 0 8 澤向、川崎 川崎
【関大】 6 3 1 1 7 森田光
【戦評】
 立命が逆転で関大を破り、開幕5連勝とした。
 立命は先発松村(4玉川)が3回に味方の失策と連打で無死満塁のピンチを招くと、1番安部(4鳥羽)に押し出しの四球を与え、先制を許す。さらに二死後、北川(3酒田南)に内野安打で2点目を許した。
 立命打線は関大先発の黒川(3郡山)に苦しんでいたが、5回一死から澤向(4立命館慶祥)の飛球を二塁手森田光(3関大一)が落球、澤向は一気に三塁まで進む。続く川崎(4智辯和歌山)が一二塁間を破り、1点を返す。さらに6回には無死から連打で一三塁とすると、4番嶋岡(4鳥羽)の遊ゴロの間に三走が還り同点、さらに二死一塁から澤(4市川)が左越えの二塁打を放ち、勝ち越しに成功。
 松村は4回以降は打たせて取る投球で無失点に抑えると、9回は中井敦(3桐蔭)がピンチを凌いだ。
 関大は7回途中から救援した田辺佑(1明徳義塾)が好投。打線も8・9回と好機を作ったが、あと1本が出なかった。

(写真:勝ち越しの適時二塁打を放った立命・澤)

Copyright 関西学生野球連盟