2003春季リーグ戦
第6節・3回戦
立 命−近 大
日時 平成15年 5月14日(水) 球場 西京極
T.N
立命 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2
近大 0 1 1 0 0 0 0 0 1x 3
試合時間  2時間46分 開始時刻 13時00分 勝利投手 糸井 4勝0敗
終了時刻 15時46分 敗戦投手 宮川 3勝2敗
審判 球審 窪田 (関大OB) 本塁打 田中 1号ソロ(松村)通算3号
一塁 田口 (関学OB) 三塁打
二塁 黒羽 (京大OB) 二塁打 川崎
糸井、井上
三塁 奥村 (同大OB) 対戦成績  近大2勝1敗
RITSUMEI
位置 名前 出身校
(二) 具志 平安 5 2 0
(三) 秋武 立命館宇治 3 0 0
(左) 高橋孝 中京大中京 4 0 0
(一) 嶋岡 鳥羽 2 1 1
(右) 保良 平安 2 0 0
赤松 平安 2 0 0
(捕) 市川 3 0 0
(中) 澤向 立命館慶祥 3 1 0
(遊) 川崎 智辯和歌山 3 1 0
(投) 松村 玉川 2 0 0
来海 開星 0 0 0
鳩山 立命館宇治 0 0 0
中井敦 桐蔭 0 0 0
中村 東筑 0 0 0
小川 立命館宇治 0 0 0
宮川 浪速 0 0 0
29 5 1
KINKI
位置 名前 出身校
(中) 北野 智辯和歌山 2 0 0
打中 竹本浩 高知商 3 1 1
(二) 井上 平安 3 2 1
(遊) 藤田 鳴門第一 3 1 0
(一) 若林 広陵 3 0 0
(右) 中村 智辯学園 4 0 0
(捕) 田中 PL学園 2 1 1
(左) 寺坂 大阪学院大 3 1 0
(三) 中東 広陵 3 0 0
森川 大阪産大附 1 1 0
(投) 糸井 宮津 3 1 0
30 8 3
投手
松村 6 3 2
中井敦 2 3 0
宮川 1/3 2 1
投手
糸井 9 5 2
チーム
【立命】 9 6 4 1 10
【近大】 5 5 2 1 9 中東 糸井
【戦評】
 近大が雨中の接戦を9回サヨナラで制し、目前での立命の胴上げに待ったをかけた。
 1点を先制された近大は直後の2回裏、二死から6番田中(4PL学園)がバックスクリーンへ本塁打を放ち、同点とする。3回にも勝ち越しを許すが、その裏一死から糸井(4宮津)の二塁打で好機を作ると、二死三塁から井上(4平安)が左越えに二塁打を放ち、再び追いついた。
 その後、両校一歩も譲らず試合は最終回に突入。9回表、立命は一死満塁の好機を作るが、糸井(4宮津)が後続を断った。その裏、近大は一死満塁の好機を作ると、途中出場の竹本浩(4高知商)が中前へサヨナラ打を放った。
 近大の糸井は初の2試合連続の先発となり、序盤こそ2失点したが、中盤以降は気迫の投球を見せた。2試合連続完投で292球を投げ、今季4勝目を挙げた。
 立命は糸井の立ち上がりを攻略したが、4回以降は1安打に抑えられた。最終回に登板した宮川(4浪速)の不調が痛かった。

(写真:サヨナラ打を放った近大・竹本浩)
Copyright 関西学生野球連盟