2004秋季リーグ戦
第7節・2回戦・第2試合
同 大−関 大
日時 平成16年10月11日(月) 球場 南港中央
T.N
同大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
関大 0 0 0 3 0 0 0 0 3
試合時間  2時間28分 開始時刻 13時02分 勝利投手 黒川 1勝2敗
終了時刻 15時30分 敗戦投手 田林 3勝1敗
審判 球審 田口 (関学OB) 本塁打  号(通算 号)
一塁 赤井 (近大OB) 三塁打
二塁 芥川 (京大OB) 二塁打 和田
三塁 松村 (立命OB) 対戦成績 関大1勝1敗
DOSHISHA
位置 名前 出身校
(遊)二 荒川 智辯学園 3 0 0
(捕) 桑原 倉敷商 3 2 0
(左) 金澤 岡山城東 4 0 0
(三) 阿部文 杵築 3 0 0
(右) 後藤 智辯和歌山 2 2 0
(二) 尾上 玉野光南 2 0 0
安井 広陵 1 0 0
峰久 丸亀 0 0 0
(中) 阪田 倉敷商 4 1 1
(一) 大西 智辯学園 2 0 0
井上拓 東筑 1 0 0
(投) 田林 智辯和歌山 1 0 0
堀元 今治西 1 0 0
藤本 郡山 1 0 0
武智 松山東 0 0 0
松浦 東筑 1 0 0
29 5 1
KWANSAI
位置 名前 出身校
(中) 坂口 尽誠学園 3 1 0
(遊) 大阪桐蔭 4 0 0
(二) 森田光 関大一 4 1 0
(一) 光岡 生駒 3 0 0
(左) 和田 土佐 4 2 1
森田康 履正社 0 0 0
(右) 山田 明徳義塾 4 1 0
(捕) 乙須 大阪桐蔭 3 1 0
(三) 黒田 広陵 2 1 1
北川 酒田南 0 0 0
(投) 黒川 郡山 3 1 1
増田 明徳義塾 0 0 0
30 8 3
投手
田林 3 2/3 6 3
堀元 2 1/3 2 0
武智 2 0 0
投手
黒川 7 4 1
増田 2 1 0
チーム
【同大】 9 5 2 0 8 桑原
【関大】 4 2 2 1 7 黒川
【戦評】
 関大が四回の集中打で逆転勝利を収めた。
 1点を追う関大は四回、一死二塁から五番・和田(1土佐)の左中間越適時二塁打でまず同点とする。その後二死一、二塁としたところで八番・黒田(2広陵)、九番・黒川(4郡山)の連続適時打で2点を追加しこの回逆転に成功する。
 この得点を先発・黒川、八回から登板した増田(4明徳義塾)の四回生二人が守り抜き同大の独走を阻む貴重な勝利を収めた。
 同大は二回に七番・阪田(2倉敷商)の左前適時打で1点先制するもその後は関大投手陣の前に得点できず敗れ去った。

(写真:今季初勝利の関大・黒川)

Copyright 関西学生野球連盟