2004春季リーグ戦
第7節・2回戦・第1試合
関 大−近 大
日時 平成16年 5月18日(火) 球場 南港中央
T.N
関大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
近大 1 0 0 0 0 6 0 0 × 7
試合時間  2時間20分 開始時刻 9時58分 勝利投手 三木田 3勝3敗
終了時刻 12時18分 敗戦投手 岩田 0勝1敗
審判 球審 藤野 (関学OB) 本塁打 号()通算号
一塁 古川 (同大OB) 三塁打 三木田、若林
二塁 北村 (京大OB) 二塁打
三塁 木村 (立命OB) 対戦成績  近大1勝1分
KWANSAI
位置 名前 出身校
(二) 森田光 関大一 3 0 0
(中) 坂口 尽誠学園 4 0 0
(右) 山田 明徳義塾 3 1 0
(捕) 乙須 大阪桐蔭 2 1 0
(一) 瀬口 大阪桐蔭 2 1 1
飯山 履正社 0 0 0
光岡 生駒 1 0 0
(遊) 大阪桐蔭 4 0 0
(左) 三浦 酒田南 2 0 0
黒田 広陵 1 0 0
森田康 履正社 0 0 0
松下 育英 1 0 0
(投) 岩田 大阪桐蔭 2 1 0
和田 土佐 1 0 0
北田 守山 0 0 0
(三) 北川 酒田南 3 0 0
29 4 1
KINKI
位置 名前 出身校
(中) 広瀬 大阪桐蔭 4 1 1
(右)左 森川 大阪産大附 4 0 0
(遊) 藤田 鳴門第一 3 0 0
(左) 若林 広陵 3 1 0
岸本 平安 0 0 0
(一) 寺坂 大阪学院大 3 1 1
(三) 大久保 阪南大 3 0 1
(二) 和田 上宮 3 1 1
(捕) 佐久間 上宮 3 0 0
(投) 三木田 明徳義塾 3 1 1
有竹 三重海星 1 0 0
堀江 大阪桐蔭 0 0 0
30 5 5
投手
岩田 6 4 0
北田 2 1 0
投手
三木田 8 4 1
岸本 1 0 0
チーム
【関大】 10 3 2 0 6 山田 坂口、南、岩田、北川2
【近大】 6 3 3 1 5 藤田2、和田
【戦評】
 近大が六回の集中打で関大を突き放し勝利した。
近大は初回、二死一、二塁から五番・寺坂(4大阪学院大)の中前適時打で1点を先制する。四回に関大に同点に追いつかれるが六回、相手の失策等で一死二、三塁の好機を作ると六番・大久保(3阪南大)の左邪犠飛で1点を勝ち越すと続く七番・和田(3上宮)にも左前適時打が生まれるなどこの回大量6点を奪い勝負を決めた。
先発・三木田(4明徳義塾)は危なげない投球で関大を封じ込め今季3勝目を挙げた。
 関大は中盤まで近大と一進一退の攻防を続けていたが六回四個の失策を喫し大量失点を招いてしまい敗れ去った。

(写真:勝ち越しとなる犠飛を放った近大・大久保)

 
Copyright 関西学生野球連盟