2008春季リーグ戦
第7節・2回戦・第2試合
近 大−関 大
日時 平成20年 5月18日(日) 球場 皇子山
T.N
近大 1 0 0 0 0 0 0 3 1 5
関大 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3
試合時間  2時間34分 開始時刻 13時56分 勝利投手 5勝1敗
終了時刻 16時30分 敗戦投手 秋本 1勝2敗
審判 球審 東條 (関学OB) 本塁打 藤川2号ソロ(秋本)F
一塁 (同大OB) 三塁打
二塁 中村 (京大OB) 二塁打 國本、岡澤(近)
松田康、小林(関)
三塁 大屋 (立命) 対戦成績 近大2勝
KINKI
位置 名前 出身校
(二) 岡澤 大産大附 4 2 0
(三) 三野 近大附 3 0 0
(中) 藤川 広陵 4 2 2
(一) 藤田 済美 5 2 0
(遊) 荒木 帝京第三 4 2 0
(右) 溝端 近大附 0 0 1
夛田 天理 1 0 0
小林晃 大阪桐蔭 1 0 0
西山 桐生第一 0 0 0
(捕) 石本 福井 3 0 0
打捕 國本 近大福山 1 1 2
(左) 若松 大阪桐蔭 4 1 0
(投) 滝谷 智辯和歌山 1 0 0
新宮 1 0 0
32 10 5
KWANSAI
位置 名前 出身校
(左) 蛯子 履正社 5 1 1
(中) 玉川 布施 5 2 0
(二) 橋本 岡山理大附 3 0 0
(捕) 田辺 明徳義塾 4 0 0
(右) 山地 大阪桐蔭 4 1 0
(三) 小林 神港学園 3 2 0
(一) 平井 関西 3 0 0
益田 北陽 1 1 1
山重 明徳義塾 0 0 0
福田 広陵 0 0 0
(投) 渡部 大東 0 0 0
永松 明徳義塾 1 0 0
伊勢 明徳義塾 1 0 0
金井 京都学園 0 0 0
秋本 北陽 0 0 0
魚谷 履正社 0 0 0
栗岡 滝川第二 0 0 0
藤澤 西城陽 0 0 0
渡辺 福知山成美 1 0 0
(遊) 松田康 福知山成美 3 2 1
山田 明徳義塾 1 1 0
35 10 3
投手
滝谷 6 2/3 7 2
2 1/3 3 1
投手
渡部 2 3 1
伊勢 5 2 0
秋本 2/3 3 1
魚谷 1/3 0 0
藤澤 1 2 1
チーム
【近大】 7 3 5 0 8 0 岡澤
【関大】 4 1 2 0 8 0 松田康
【戦評】
 近大が勝ち点をもぎ取り逆転優勝に望みを繋いだ。
 近大1点リードで迎えた7回裏、ここまで好投してきた先発滝谷(4・智辯和歌山)が関大打線に捕まった。二死1、2塁で松田康(3・福知山成美)、、蛯子(2・履正社)が連続中前適時打を放ち、ついに試合をひっくり返した。
 しかし8回表、関大に傾きかけた流れを藤川(3・広陵)の起死回生の本塁打で引き戻した。これで波に乗った近大はその後一死1、2塁で代打國本(3・近大福山)が左翼線二塁打を放ち三度試合をひっくり返した。
 粘る関大も8回に1点返したが反撃もここまでだった。
【写真:試合を決める一打を放った國本】
Copyright 関西学生野球連盟