平成29年度春季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第1試合
 京大2 - 9立命

【4月23日(日) 南港中央野球場 試合開始10:27 終了13:09試合時間 2時間42分】
[球審]大井(関学OB) [一塁審]梶浦(近大OB) [二塁審]樽本(関大OB) [三塁審]水野(同大OB)

勝利投手:山上(3勝)
敗戦投手:樋川(3敗)
  R
京大 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
立命 3 1 1 0 0 1 1 2 x 9
<戦評>
 立命が2勝し、勝ち点を獲得した。
 立命は初回、先頭の大谷(4・豊田西)の中越え三塁打で先制の好機を作ると、辰己(3・社)、佐々木(4・日大三)、元氏(2・龍谷大平安)が適時打を放ち3点の先制に成功する。
 2点を返され迎えた2回、山上(3・立命館宇治)がリーグ戦初となる本塁打を放ち1点を追加する。
 さらに3回、先頭の脇屋(4・明豊)が二塁打で出塁すると、元氏が2本目となる適時打を放ち5点目を挙げる。
 その後6回には奈良龍(3・市立川越)の犠飛、7回には内野ゴロの間に1点を追加し、8回には、辰己の適時三塁打など終盤まで攻撃の手を緩めず、計9得点を奪った。
 投げては山上ら4人の投手の継投で試合の流れを京大に渡さなかった。
 京大は立命投手陣に5安打に抑えられ、得点を重ねることが出来なかった。

【写真:猛打賞の辰己】
提供:関西学生報道
   京大 立命
投 手 樋川、大山、長谷川、横田、藤原、西村春、松本 山上、坂本、福島、徳永行
捕 手 村山、黒山 栃尾、佐野
本塁打   山上1号ソロ(2回) 
三塁打   大谷、辰己 
二塁打   脇屋 
犠 打 山上、福森、奈良龍、佐野、佐々木
併 殺 1
残 塁 5 9
盗 塁 手島 辰己2、大谷、澤谷
失 策
暴 投 山上
捕 逸
京大
位置 名前 学年 出身校
[5] 荒木 (3 広島大福山) 4 0 0 2 0
[3] 中村侑 (4 畝傍) 4 1 0 0 0
[7] 高橋 (4 秋田) 4 0 0 0 0
[9] 鈴木 (3 刈谷) 4 2 0 1 0
[4] 西 (2 西京) 3 0 0 0 1
[2] 村山 (3 明和) 3 0 0 0 0
1 長谷川 (2 岐阜) 0 0 0 0 0
1 横田 (2 岡崎) 0 0 0 0 0
1 藤原 (2 東海大仰星) 0 0 0 0 0
1 西村春 (4 岐阜) 0 0 0 0 0
1 松本 (4 天王寺) 0 0 0 0 0
H 石川 (2 国立) 1 0 0 1 0
[6] 手島 (3 朝倉) 3 1 0 0 1
[8] 中村海 (2 天王寺) 2 0 0 1 1
[1] 樋川 (3 水戸第一) 1 1 2 0 0
H 飛田 (3 東京学芸大) 1 0 0 0 0
1 大山 (4 安積) 0 0 0 0 0
2 黒山 (4 大阪星光学) 1 0 0 1 0
  31 5 2 6 3
  球数 打者
樋川 3 73 19 9 1 1 5
大山 2 28 7 1 1 1 0
長谷川 1 27 6 2 0 1 1
横田 01/3 14 3 0 0 2 1
藤原 1 21 5 1 1 1 2
西村春 01/3 5 1 0 0 0 0
松本 01/3 7 1 1 0 0 0
8 175 42 14 3 6 9


立命
位置 名前 学年 出身校
[6] 大谷 (4 豊田西) 5 3 0 1 0
[5] 奈良龍 (3 市立川越) 3 0 1 0 0
5 田中大 (4 立命館宇治) 0 0 0 0 1
[8] 辰己 (3 社) 5 3 2 0 0
[3] 佐々木 (4 日大三) 3 1 2 1 1
[4] 脇屋 (4 明豊) 3 1 0 0 2
[9] 福森 (4 大阪桐蔭) 3 2 0 0 1
[7] 元氏 (2 龍谷大平安) 3 2 2 0 0
2 佐野 (3 福知山成美) 0 0 0 0 0
[2] 栃尾 (3 北陸) 2 0 0 1 0
H7 横田 (4 岩国商) 1 0 0 0 1
R7 小田 (4 杵築) 0 0 0 0 0
[1] 山上 (3 立命館宇治) 1 1 1 0 0
H 浜田 (4 倉敷商) 1 1 0 0 0
1 坂本 (2 福岡大大濠) 0 0 0 0 0
H 澤谷 (3 東山) 1 0 0 0 0
1 福島 (2 東福岡) 0 0 0 0 0
1 徳永行 (4 小野) 0 0 0 0 0
  31 14 8 3 6
  球数 打者
山上 6 83 24 4 2 2 2
坂本 1 17 3 0 1 0 0
福島 1 18 4 1 2 1 0
徳永行 1 14 3 0 1 0 0
9 132 34 5 6 3 2

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6