平成29年度春季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第2試合
 京大2 - 11関大

【4月2日(日) わかさスタジアム京都 試合開始13:19 終了15:45 試合時間2時間26分】
[球審]東條(関学OB) [一塁審]橋本(立命OB) [二塁審]三宅(近大OB) [三塁審]金岡(同大OB)

勝利投手:山本(1勝)
敗戦投手:長谷川(1敗)
  R
京大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
関大 4 1 4 0 0 1 0 1 X 11
<戦評>
 関大が勝利し、今季1つ目の勝ち点を挙げた。
 関大は2点を先制された初回、1番多田(3・明徳義塾)の二塁打と四球で無死一、二塁とすると、古川(3・東大阪大柏原)、原(2・大東)、倉川(2・桜宮)の三連続適時打などこの回5安打4得点と攻め、逆転に成功する。 
 続く2回、一死から多田の四球と盗塁などで二死三塁とすると、古川が二打席連続の適時打を放ち1点を追加する。
 3回にも阪本将(4・智辯和歌山)の3点適時三塁打などで4点を挙げるなど、計15安打11得点の猛攻で京大を圧倒した。
 投げては、先発の山本(3・桜宮)が7回2失点と試合を作り、今季初勝利を挙げた。
 京大は先制点を挙げるも序盤に大量失点を喫し、流れを掴むことが出来なかった。

【写真:7回2失点と好投した山本】
提供:関西学生報道
   京大 関大
投 手 長谷川、藤原、杉浦、横田、松本 山本、濱田駿
捕 手 飛田、黒山 久米、高橋
本塁打    
三塁打   阪本将 
二塁打   多田、古川、山本 
犠 打 中村侑 高橋、西田
併 殺 2
残 塁 3 12
盗 塁 多田、太田3、中島2
失 策 高橋、手島 山本、古川
暴 投
捕 逸 黒山
京大
位置 名前 学年 出身校
[5] 荒木 (3 広島大福山) 3 1 0 0 1
[3] 中村侑 (4 畝傍) 3 0 0 1 0
[4] 西 (2 西京) 4 1 0 0 0
[9] 鈴木 (3 刈谷) 4 0 0 3 0
[2] 飛田 (3 東京学芸大) 3 0 0 1 0
1 横田 (2 岡崎) 0 0 0 0 0
1 松本 (4 天王寺) 0 0 0 0 0
H 西村基 (2 膳所) 1 0 0 1 0
[7] 高橋 (4 秋田) 3 0 0 0 0
[6] 手島 (3 朝倉) 1 0 0 0 0
H (4 天王寺) 1 0 0 1 0
6 一杉 (4 横浜翠嵐) 1 0 0 1 0
[8] 小山 (3 大阪星光学) 2 0 0 1 0
H 木村律 (3 三国丘) 1 0 0 1 0
8 中村海 (2 天王寺) 0 0 0 0 0
[1] 長谷川 (2 岐阜) 1 0 0 1 0
1 藤原 (2 東海大仰星) 0 0 0 0 0
H 新井 (3 明和) 1 0 0 1 0
1 杉浦 (4 北野) 0 0 0 0 0
2 黒山 (4 大阪星光学) 1 0 0 1 0
  30 2 0 13 1
  球数 打者
長谷川 12/3 40 12 6 1 2 5
藤原 21/3 75 14 5 1 2 3
杉浦 2 48 12 2 0 4 1
横田 1 13 4 1 0 0 0
松本 1 14 5 1 0 1 0
8 190 47 15 2 9 8


関大
位置 名前 学年 出身校
[4] 多田 (3 明徳義塾) 3 1 0 0 3
[5] 阪本将 (4 智弁和歌山) 5 1 3 0 1
[6] 古川 (3 東大阪大柏) 5 3 2 0 0
[7] (2 大東) 3 1 1 0 2
[3] 倉川 (2 桜宮) 5 3 1 0 0
1 濱田駿 (3 東福岡) 0 0 0 0 0
[8] 若泉 (4 塔南) 3 0 0 0 1
R8 中島 (4 箕面東) 1 0 0 0 0
[9] 太田 (3 乙訓) 4 4 1 0 1
9 (3 関大北陽) 0 0 0 0 0
[2] 久米 (4 大阪桐蔭) 1 0 0 0 1
2 高橋 (3 龍谷大平安) 2 0 1 1 0
[1] 山本 (3 桜宮) 4 2 0 1 0
3 西田 (3 福知山成美) 0 0 1 0 0
  36 15 10 2 9
  球数 打者
山本 7 82 24 2 7 0 0
濱田駿 2 32 8 0 6 1 0
9 114 32 2 13 1 0

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6