平成29年度春季リーグ戦
試合詳細
1回戦 第1試合
 立命6 - 0関大

【5月5日(金) ほっともっとフィールド神戸試合開始10:27終了12:44試合時間2時間17分】
[球審]黒羽(京大OB) [一塁審]和田(近大OB) [二塁審]藤野(関学OB) [三塁審]水野(同大OB)

勝利投手:東(3勝2敗)
敗戦投手:阪本大(2勝2敗)
  R
立命 1 0 0 0 0 1 3 0 1 6
関大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
<戦評>
 立命が東(4・愛工大名電)のノーヒットノーランの好投と二ケタ安打の強打で関大を破った。
 立命は初回、先頭の大谷(4・豊田西)が四球で出塁すると、奈良龍(3・市立川越)の犠打が敵失を誘い無死一、三塁の好機を作る。続く辰己(3・社)の中飛の際の敵失で大谷が生還し1点を先制する。
 両投手が好投を続け1-0で迎えた6回、立命は二死から脇屋(4・明豊)が敵失で出塁すると、横田(4・岩国商)が右前安打と敵失で1点を追加する。
 さらに7回、東、大谷の連打などで無死満塁とすると、辰己の2点中前適時打と横田の犠飛で3点を追加する。
 先発の東は関大打線から17個の三振を奪い、連盟史上初となる個人で二度目のノーヒットノーランを達成した。
 関大は、最後まで東を攻略できず敗戦を喫した。
【写真:ノーヒットノーランを達成した東】
提供:関西学生報道
   立命 関大
投 手 阪本大、増井、肥後、濱田駿
捕 手 栃尾 久米
本塁打    
三塁打    
二塁打 佐々木   
犠 打 奈良龍、早田、横田
併 殺 1
残 塁 9 1
盗 塁
失 策 松島、若泉、古川、太田、肥後
暴 投
捕 逸
立命
位置 名前 学年 出身校
[6] 大谷 (4 豊田西) 4 2 0 0 1
[5] 奈良龍 (3 市立川越) 2 0 0 1 0
H 早田 (4 天理) 0 0 0 0 0
R5 田中大 (4 立命館宇治) 1 0 0 1 0
[8] 辰己 (3 社) 5 2 2 1 0
[3] 佐々木 (4 日大三) 5 1 1 2 0
[4] 脇屋 (4 明豊) 4 0 0 1 1
[7] 横田 (4 岩国商) 2 2 1 0 1
7 小田 (4 杵築) 1 0 0 1 0
[9] 福森 (4 大阪桐蔭) 3 1 0 0 1
[2] 栃尾 (3 北陸) 4 1 0 0 0
[1] (4 愛工大名電) 4 1 0 1 0
  35 10 4 8 4
  球数 打者
9 103 28 0 17 1 0
9 103 28 0 17 1 0


関大
位置 名前 学年 出身校
[4] 多田 (3 明徳義塾) 4 0 0 1 0
[9] 太田 (3 乙訓) 3 0 0 2 0
[6] 古川 (3 東大阪大柏) 2 0 0 2 1
[8] 若泉 (4 塔南) 3 0 0 3 0
[3] 西田 (3 福知山成美) 3 0 0 1 0
[5] 松島 (2 履正社) 3 0 0 2 0
[7] (2 大東) 3 0 0 2 0
[2] 久米 (4 大阪桐蔭) 2 0 0 2 0
H 関本 (2 日高) 1 0 0 0 0
[1] 阪本大 (4 履正社) 1 0 0 1 0
H 土居 (3 高知) 1 0 0 0 0
1 増井 (2 向陽) 0 0 0 0 0
1 肥後 (2 広陵) 0 0 0 0 0
1 濱田駿 (3 東福岡) 0 0 0 0 0
H 阪本将 (4 智弁和歌山) 1 0 0 1 0
  27 0 0 17 1
  球数 打者
阪本大 6 88 26 4 5 3 0
増井 00/3 6 2 2 0 0 2
肥後 21/3 44 10 2 2 1 0
濱田駿 02/3 12 4 2 1 0 1
9 150 42 10 8 4 3

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6