平成30年度秋季チャレンジリーグ
試合詳細
関大7-6同大

【10月6日(土) (関大G) 試合開始11:59 終了14:31 
試合時間2時32間分】
[球審]玉木(関大)[一塁審]藤木(近大)[二塁審]北角(関大)[三塁審]奥村(関大)

勝利投手:植山
敗戦投手:山下
  R
同大 2 0 0 0 0 3 0 0 1 6
関大 0 0 0 0 1 3 3 0 x 7
<戦評>
 関大が同大を振り切り、点の取り合いを制した。
 関大は5回、坂之下(1・大阪桐蔭)が安打で出塁し失策で二死二塁とすると、吉川(2・土佐)の適時打で先制に成功する。
 続く6回、一死から北川(2・関大一)、溝端(2・大体大浪商)の安打などで一死満塁の好機を作ると、坂之下の犠飛と阪倉(2・佐久長聖)の適時二塁打で3点追加する。
 7回には、北川の安打などで一死一、三塁とすると、溝端の適時二塁打で同点に追いつく。なおも二、三塁の好機から相手投手の暴投で逆転に成功する。その後も林大(2・米子北)の犠飛で追加点を挙げ、勝利を手繰り寄せた。
 投げては5人の継投で要所を締める投球を見せ、リードを守り切った。
 同大は、9回に粘りを見せるもあと一歩及ばず、悔しい敗戦となった。
   関大 同大
投 手 香川、巻、高田、植山
築山
都築、山下、金子、安藤
捕 手 久保田拓、林大 加藤
本塁打 片岡
三塁打
二塁打 阪倉、溝端 山下樹、小川航、城下
犠 打 坂之下、林陽、林大、 橘髙、城下
併 殺 1 1
残 塁 6 13
盗 塁 橘髙、所村2、片岡
失 策 橘髙、山下樹
暴 投 都築 金子
捕 逸
関大
位置 名前 学年 出身校 1
[8] 吉川 2・土佐 4 1 1 1 0
H 平田 2・光泉 1 0 0 0 0
8 平井 2・岡山学芸館 0 0 0 0 0
[D] 濵田大 2・津田学園 3 0 0 0 1
[9] 山﨑健 2・智辯学園 3 0 0 1 0
H4 林陽 2・比叡山 0 0 0 0 0
[7] 北川 2・関大一 4 2 0 0 0
[3] 溝端 2・大体大浪商 4 2 1 0 0
R6 久保田有 1・福岡大大濠 0 0 0 0 0
[2] 久保田拓 1・津田学園 2 1 0 0 0
2 林大 2・米子北 0 0 1 0 1
[4] 坂之下 1・大阪桐蔭 3 1 1 0 0
9 川崎 1・関大北陽 0 0 0 0 0
[5] 阪倉 2・佐久長聖 4 2 2 0 0
[6] 木村 2・関大一 2 0 0 0 1
3 目片 1・比叡山 1 0 0 0 0
31 9 6 3 3
  学年・出身校 球数 打者
香川 1・大阪桐蔭 2 43 10 4 3 1 2
1・上宮 2 44 9 0 3 3 0
髙田 2・三田学園 2 38 12 5 0 2 3
植山 1・関大北陽 1 20 5 1 1 1 0
築山 2・塔南 2 41 10 3 3 1 1


同大
位置 名前 学年 出身校
[4] 相部 2・橿原 4 0 0 2 2
[6] 橘髙 2・同志社国際 4 2 0 1 0
[5] 山下樹 2・髙松商 4 3 1 1 1
[9] 小川航 2・桐蔭学園 5 1 1 0 0
[8] 櫛間 2・八幡商 4 0 0 3 0
H 山本恭 3・徳島城北 1 0 0 0 0
8 江上 1・同志社国際 0 0 0 0 0
[3] 髙尾 2・今治西 2 1 0 0 2
H 本荘 1・倉吉東 1 0 0 1 0
[D] 城下 1・天理 3 2 0 0 1
R 所村 1・星稜 0 0 0 0 0
[2] 加藤碩 1・米子東 3 1 0 1 1
H 松原 1・土佐 1 0 0 1 0
[7] 片岡 2・國學院久我山 4 3 4 0 1
36 13 6 10 8
  学年・出身校 球数 打者
都築 2・志学館 6 102 28 6 2 2 3
山下 2・寝屋川 1/3 13 4 2 0 1 3
金子 1・観音寺第一 2/3 6 2 0 0 0 0
安藤 1・石見智翠館 1 9 3 1 0 0 0

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6