平成30年度春季リーグ戦
試合詳細
1回戦 第1試合
 近大2M3x同大

【5月5日(土) ほっともっとフィールド神戸 試合開始10:29 終了13:50試合時間3時間21分】
[球審]田口(関学OB) [一塁審]宅間(立命OB) [二塁審]中村(京大OB) [三塁審]玉木(関大OB)

勝利投手:仲野(2勝1敗)
敗戦投手:宮ア洸(1敗)
  十一 十二 十三 十四 R
近大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
同大 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1x 3
<戦評>
 同大が白熱した延長戦を制し、逆転勝利を飾った。
 同大は2点を追いかける8回、福原(4・今治西)の通算3号となるソロ本塁打で1点を返す。
 続く9回、越智(4・今治西)の二塁打、四球などで二死一、三塁の好機を作ると、前田(4・福知山成美)の適時内野安打で1点を奪い、試合を振り出しに戻す。
 そして延長14回、先頭の辻(4・履正社)が安打で出塁し、犠打などで一死一、二塁とすると、森田(4・天理)がサヨナラとなる適時二塁打を放ち、近大を下した。
 投げては、先発した福島孝(4・大阪桐蔭)が174球の力投を見せ、流れを手繰り寄せた。
 近大は、佐藤(2・仁川学院)の2ラン本塁打で先制するも、終盤に踏ん張り切れず、悔しい敗戦となった。
写真:サヨナラ二塁打を放ち、
喜びを爆発させる森田
 【提供:関西学生報道
   近大 同大
投 手 小寺、伊波、宮ア洸 福島孝、村居、仲野
捕 手 川上 西林
本塁打 佐藤2号2ラン(4回)  福原1号ソロ(7回) 
三塁打   福原 
二塁打 川上  越智、森田 
犠 打 中家 越智2
併 殺 1
残 塁 10 7
盗 塁
失 策 足立、辻
暴 投 福島孝
捕 逸
近大
位置 名前 学年 出身校
[7] 森田 (1 神戸国際大) 4 2 0 0 0
7 溝田 (2 近大福山) 1 0 0 1 0
H 蔵野 (1 智辯和歌山) 1 0 0 0 0
7 宮ア太 (2 宇部商) 0 0 0 0 0
[3] 中家 (4 近大附) 5 0 0 0 0
[8] 竹村 (3 神戸国際大) 5 2 0 0 1
[5] 佐藤 (2 仁川学院) 5 2 2 0 1
[9] 谷川 (3 星稜) 6 0 0 1 0
[2] 川上 (4 高知) 6 1 0 0 0
[4] 牧野 (4 創成館) 5 0 0 1 1
[6] 中川 (3 近大附) 3 0 0 1 1
H 山川 (3 長崎商業) 1 1 0 0 0
R 田中秀 (3 近大新宮) 0 0 0 0 0
6 前田 (3 近大附) 1 0 0 0 0
[1] 小寺 (4 岡山理大附) 3 0 0 1 0
1 伊波 (4 美里工業) 2 0 0 0 0
H 井町 (2 履正社) 1 0 0 0 0
1 宮ア洸 (2 金光学園) 0 0 0 0 0
  49 8 2 5 4
  球数 打者
小寺 60/3 91 22 3 6 2 1
伊波 7 87 24 3 3 2 1
宮ア洸 01/3 9 4 2 0 1 1
13 187 50 8 9 5 3


同大
位置 名前 学年 出身校
[6] 杉内 (3 今治西) 6 1 0 0 0
[5] (4 履正社) 5 1 0 1 1
[3] 越智 (4 今治西) 4 1 0 1 0
[8] 福原 (4 今治西) 3 2 1 0 1
R7 小川晃 (2 龍谷大平安) 1 0 0 0 1
[7] 小川航 (2 桐蔭学園) 1 0 0 1 1
7 工藤 (3 同志社国際) 1 0 0 1 0
H 松本 (3 敦賀気比) 1 0 0 0 0
8 森田 (4 天理) 2 1 1 0 0
[9] 前田 (4 福知山成美) 5 1 1 1 0
[2] 西林 (4 清教学園) 5 1 0 0 0
[4] 足立 (3 八戸学院光) 5 0 0 1 0
[1] 福島孝 (4 大阪桐蔭) 3 0 0 2 1
1 村居 (3 県岐阜商) 0 0 0 0 0
H 添田 (4 桐光学園) 1 0 0 1 0
1 仲野 (2 天理) 0 0 0 0 0
  43 8 3 9 5
  球数 打者
福島孝 122/3 174 49 8 5 3 2
村居 01/3 6 1 0 0 0 0
仲野 1 17 4 0 0 1 0
14 197 54 8 5 4 2

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6