平成30年度春季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第1試合
 京大4 - 2同大

【4月22日(日) 皇子山球場 試合開始10:32 終了13:13試合時間2時間41分】
[球審]和田(近大OB) [一塁審]土屋(関大OB) [二塁審]宅間(立命OB) [三塁審]藤野(関学OB)

勝利投手:樋川(1勝)
敗戦投手:溝田(1敗)
  R
京大 0 0 2 0 0 0 0 1 1 4
同大 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
<戦評>
 投打が噛み合った京大が会心の勝利を挙げた。
 京大は3回、西(3・西京)の右前安打などで二死二、三塁の好機を作ると、初の4番を任された木村律(4・三国丘)が2点適時二塁打を放ち、先制に成功する。
 さらに8回、鈴木一(4・刈谷)、小山(4・大阪星光学院)の連打などで一死満塁とし、長野(2・洛南)の適時内野安打で待望の追加点を奪う。
 続く9回にも小山の中前適時打で1点を追加し、試合を決めた。
 投げては樋川(4・水戸第一)が、丁寧にコーナーを突く投球で同大を9回途中まで2失点に抑え、今季初勝利を挙げた。
 同大は、村居(3・県岐阜商)が3度に渡ってマウンドに登る奮闘を見せるも終盤の粘り及ばず、勝利を挙げることが出来なかった。
   京大 同大
投 手 樋川、藤原 溝田、村居、難波、村居、仲野、村居
捕 手 長野 西林
本塁打    
三塁打    
二塁打 木村律  杉内 
犠 打 石川2
併 殺 1
残 塁 13 11
盗 塁 石川、鈴木一、小山 村居、福原
失 策 木村律 前田、辻、福島孝
暴 投
捕 逸 長野
京大
位置 名前 学年 出身校
[5] 荒木 (4 広島大福山) 4 1 0 0 1
[7] 石川 (3 国立) 2 0 0 0 0
H 中田 (4 兵庫) 1 0 0 0 0
7 新井 (4 明和) 0 0 0 0 0
[6] 西 (3 西京) 4 2 0 0 1
[3] 木村律 (4 三国丘) 5 2 2 1 0
[4] 北野 (2 北野) 5 1 0 1 0
[9] 鈴木一 (4 刈谷) 4 2 0 0 1
[8] 小山 (4 大阪星光学) 5 2 1 1 0
8 佐藤悠 (4 国立) 0 0 0 0 0
[1] 樋川 (4 水戸第一) 4 0 0 1 1
1 藤原 (3 東海大仰星) 0 0 0 0 0
[2] 長野 (2 洛南) 4 1 1 1 0
  38 11 4 5 4
  球数 打者
樋川 82/3 131 38 8 3 5 1
藤原 01/3 11 2 0 1 1 0
9 142 40 8 4 6 1


同大
位置 名前 学年 出身校
[8]7 工藤 (3 同志社国際) 5 0 0 0 0
[6] 杉内 (3 今治西) 4 1 1 0 1
[5] (4 履正社) 3 0 0 0 2
[9] 前田 (4 福知山成美) 4 1 0 1 1
[7] 松本 (3 敦賀気比) 3 1 0 1 0
3 四川 (2 履正社) 0 0 0 0 0
1 仲野 (2 天理) 0 0 0 0 0
3 福島孝 (4 大阪桐蔭) 1 0 1 0 0
[4] 足立 (3 八戸学院光) 2 1 0 0 2
R 小川晃 (2 龍谷大平安) 0 0 0 0 0
4 本間 (2 敦賀気比) 0 0 0 0 0
[3] 添田 (4 桐光学園) 2 0 0 1 0
1 難波 (3 PL学園) 0 0 0 0 0
H8 森田 (4 天理) 2 1 0 0 0
[2] 西林 (4 清教学園) 3 0 0 0 0
H 福原 (4 今治西) 1 1 0 0 0
[1] 溝田 (3 履正社) 1 1 0 0 0
13131 村居 (3 県岐阜商) 2 1 0 0 0
H 南武 (4 土佐) 1 0 0 1 0
  34 8 2 4 6
  球数 打者
溝田 4 65 18 4 3 2 1
村居 11/3 14 6 1 0 0 0
難波 02/3 8 2 0 1 0 0
村居 11/3 24 7 1 1 1 1
仲野 00/3 15 3 2 0 1 0
村居 12/3 27 8 3 0 0 1
9 153 44 11 5 4 3

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6