平成30年度春季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第2試合
 京大8 - 6関学

【4月29日(日) 南港中央野球場 試合開始13:34 終了16:10試合時間2時間36分】
[球審]倉谷(同大OB) [一塁審]境(近大OB) [二塁審]橋本(立命OB) [三塁審]玉木(関大OB)

勝利投手:長谷川(1勝)
敗戦投手:藤井(1勝2敗)
  R
京大 0 0 2 0 0 0 1 2 3 8
関学 0 3 0 0 0 0 1 2 0 6
<戦評>
 京大が実力伯仲の好勝負を制し、3戦目に繋げた。
 京大は3点の先制を許した直後の3回、長野(2・洛南)の二塁打などで二死二、三塁の好機を作り、西(3・西京)の2点適時打で1点差に迫る。
 7回には内野安打で出塁した北野(2・北野)を犠打で二塁に進めると、代打の村山(4・明和)が適時二塁打を放ち、同点に追いつく。
 1点を失った直後の8回、鈴木(4・刈谷)、木村律(4・三国丘)、新井(4・明和)、北野の4連打などで逆転に成功する。
 再び逆転を許し迎えた9回、荒木(4・広島大福山)の左前安打と敵失で一死一、二塁とすると、西が値千金の2点適時二塁打を放ち、逆転する。続く鈴木一の中前適時打で試合を決めた。
 投げては、4人の投手陣が粘り強い投球を披露し、流れを手繰り寄せた。
 関学は3度に渡ってリードを奪うも、投手陣が踏ん張り切れず、悔しい敗戦を喫した。
写真:3安打4打点と
大活躍を見せた西
 【提供:関西学生報道
   京大 関学
投 手 樋川、横田、長谷川、原 黒原、藤井
捕 手 長野 大上
本塁打    
三塁打    
二塁打 長野、西2、村山、鈴木一  姫野 
犠 打 荒木、長野 北野2、黒原、片山、藤井
併 殺 1 1
残 塁 7 9
盗 塁 中西、赤川
失 策 北野、樋川、和田、西 赤川
暴 投
捕 逸
京大
位置 名前 学年 出身校
[5] 荒木 (4 広島大福山) 4 1 0 0 0
[8] 和田 (2 四日市) 1 0 0 1 1
8 小山 (4 大阪星光学) 1 0 0 1 0
H 八木 (2 兵庫) 1 0 0 1 0
8 佐藤悠 (4 国立) 0 0 0 0 0
H 西田 (4 甲陽学院) 1 0 0 0 0
R7 西村 (3 膳所) 0 0 0 0 0
[6] 西 (3 西京) 4 3 4 0 1
[9] 鈴木一 (4 刈谷) 5 2 1 0 0
[3] 木村律 (4 三国丘) 5 1 1 2 0
[7] 石川 (3 国立) 2 0 0 1 0
H 中田 (4 兵庫) 1 0 0 1 0
78 新井 (4 明和) 2 1 1 0 0
[4] 北野 (2 北野) 4 2 0 0 0
[2] 長野 (2 洛南) 3 1 0 0 0
[1] 樋川 (4 水戸第一) 1 0 0 0 1
H 村山 (4 明和) 1 1 1 0 0
1 横田 (3 岡崎) 0 0 0 0 0
1 長谷川 (3 岐阜) 0 0 0 0 0
H 佐藤峻 (4 岡山) 1 0 0 1 0
1 (2 彦根東) 0 0 0 0 0
  37 12 8 8 3
  球数 打者
樋川 6 111 29 7 5 1 0
横田 12/3 25 7 2 0 1 2
長谷川 01/3 14 3 1 1 0 0
1 8 3 0 0 0 0
9 158 42 10 6 2 2


関学
位置 名前 学年 出身校
[6] 赤川 (4 広陵) 4 2 2 0 1
[4] 中西 (4 関西学院) 5 1 0 1 0
[7] 小越 (4 浜田) 4 0 0 1 1
[9] 片山 (4 智辯和歌山) 4 0 0 1 0
[5] 姫野 (4 龍谷大平安) 5 3 1 0 0
[3] 北野 (2 履正社) 3 1 0 0 0
[2] 大上 (3 小松) 4 1 0 2 0
[1] 黒原 (1 智辯和歌山) 2 0 1 1 0
1 藤井 (4 九州学院) 0 0 0 0 0
[8] 花本 (3 桜塚) 4 2 0 0 0
8 二角 (4 広島新庄) 0 0 0 0 0
  35 10 4 6 2
  球数 打者
黒原 71/3 108 32 7 7 3 5
藤井 12/3 27 10 5 1 0 2
9 135 42 12 8 3 7

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6