平成30年度春季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第1試合
 立命5 - 3近大

【5月19日(土) 甲子園球場 試合開始9:59 終了12:46試合時間2時間47分】
[球審]飯田(京大OB) [一塁審]水野(同大OB) [二塁審]田口(関学OB) [三塁審]上村(関大OB)

勝利投手:坂本(3勝1敗)
敗戦投手:伊波(1勝2敗)
  R
立命 3 0 1 0 0 0 1 0 0 5
近大 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
<戦評>
 立命が4季ぶりの優勝に王手をかけた。
 立命は初回、二死から辰己(4・社)が安打で出塁すると、奈良龍(4・市立川越)の適時三塁打で先制に成功する。その後も、大本(3・掛川西)、三宅(2・神港学園)、長澤(3・北海)の安打で2点を追加し、この回計3点を奪う。
 3回には、大本が通算2号となるソロ本塁打を放ち、1点追加する。
 さらに7回、一死二塁の好機を作ると、大本の適時二塁打で追加点を挙げ、近大を突き放した。
 投げては先発の坂本(3・福岡大大濠)は7回4安打に抑え、三番手で登場した小橋(4・立命館)が1回1/3をしっかりと守り切った。
 近大は終盤に3点を返すもあと一歩及ばず、勝ち点の行方は3回戦へ持ち越された。
写真:本塁打を放った大本
 【提供:関西学生報道
   立命 近大
投 手 坂本、桐畑、小橋 伊波、宮ア洸、松井、横山、坂口
捕 手 大本 川上
本塁打 大本1号ソロ(3回)   
三塁打 奈良龍   
二塁打 橋本和、大本   
犠 打 井上、奈良龍 中家、前田
併 殺 1
残 塁 8 11
盗 塁
失 策 三宅、長澤 中家
暴 投 小橋
捕 逸
立命
位置 名前 学年 出身校
[7] 井上 (3 報徳学園) 4 0 0 1 0
[4] 福武 (2 東海大甲府) 5 0 0 0 0
[8] 辰己 (4 社) 3 1 0 0 2
[5] 奈良龍 (4 市立川越) 4 1 1 0 0
5 森田 (2 立命館宇治) 0 0 0 0 0
[2] 大本 (3 掛川西) 4 3 3 1 0
[9] 三宅 (2 神港学園) 4 2 0 2 0
[3] 橋本和 (2 龍谷大平安) 3 2 0 0 1
[6] 長澤 (3 北海) 3 1 1 2 0
H 寺田 (1 立命館宇治) 1 0 0 0 0
6 中本 (4 敦賀気比) 0 0 0 0 0
[1] 坂本 (3 福岡大大濠) 3 0 0 2 1
1 桐畑 (3 伊香) 0 0 0 0 0
1 小橋 (4 立命館) 0 0 0 0 0
  34 10 5 8 4
  球数 打者
坂本 71/3 134 34 8 7 3 3
桐畑 01/3 1 1 0 0 0 0
小橋 11/3 27 6 0 3 2 0
9 162 41 8 10 5 3


近大
位置 名前 学年 出身校
[9] 谷川 (3 星稜) 4 0 0 2 0
H 谷本 (2 福井工大福) 0 0 0 0 1
R 溝田 (2 近大福山) 0 0 0 0 0
[4] 牧野 (4 創成館) 5 0 0 1 0
[8] 竹村 (3 神戸国際大) 5 3 0 1 0
[7] 佐藤 (2 仁川学院) 4 1 0 1 1
[3] 井町 (2 履正社) 3 0 0 1 0
H3 山川 (3 長崎商業) 2 1 0 1 0
[5] 中家 (4 近大附) 3 0 1 1 0
[2] 川上 (4 高知) 2 2 1 0 2
[6] 中川 (3 近大附) 2 0 0 0 0
H 森田 (1 神戸国際大) 1 1 0 0 0
6 前田 (3 近大附) 0 0 1 0 0
[1] 伊波 (4 美里工業) 0 0 0 0 0
1 宮ア洸 (2 金光学園) 1 0 0 0 0
H (2 北大津) 1 0 0 1 0
1 松井 (2 広陵) 0 0 0 0 0
H 竹馬 (3 北大津) 0 0 0 0 1
R 田中秀 (3 近大新宮) 0 0 0 0 0
1 横山 (4 上宮太子) 0 0 0 0 0
H 宮ア太 (2 宇部商) 1 0 0 1 0
1 坂口 (3 奈良大付) 0 0 0 0 0
  34 8 3 10 5
  球数 打者
伊波 22/3 57 14 6 2 1 4
宮ア洸 21/3 53 12 3 4 2 0
松井 2 37 8 1 2 1 1
横山 1 10 3 0 0 0 0
坂口 1 13 3 0 0 0 0
9 170 40 10 8 4 5

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6