令和元年度秋季リーグ戦
試合詳細
2回戦 第2試合
 京大2 - 8立命

【9月1日(日) わかさスタジアム京都 試合開始13:25 終了16:10試合時間2時間45分】
[球審]大井(関学OB) [一塁審]益田(近大OB ) [二塁審]樽本(関大OB ) [三塁審]倉谷(同大OB)

勝利投手:有村(1勝)
敗戦投手:原(1敗)
  R
京大 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
立命 3 1 3 1 0 0 0 0 x 8
<戦評>
 立命が圧倒的破壊力を見せ勝利し、開幕節での貴重な勝点を得た。
 立命は初回、四球などで二死三塁の好機を作ると、大本(4・掛川西)が先制の適時打を放つ。続く大坂(4・東邦)、山口乃(2・天理)にも適時打が飛び出し計3点を奪う。
 3回には、先頭の大坂が四球で出塁し、盗塁で無死二塁とすると山口乃が中前適時打を放ち、追加点を挙げる。その後犠打で好機を拡大すると、宮崎竜(1・創志学園)の2ラン本塁打で試合を決定づけた。
 投げては、先発の有村(3・秀岳館)が7回を1失点に抑える好投でチームを勢いづけた。
 京大は、岩城(2・嵯峨野)がバックスクリーンへの特大本塁打を放つも打線が繋がらず、敗戦を喫した。
   京大 立命
投 手 原、岡本凌、坂下、仲村 有村、糸井、山下貴
捕 手 長野 大本、榮枝
本塁打 岩城1号ソロ(8回)  宮崎竜1号2ラン(3回) 
三塁打   山口乃 
二塁打   橋本和 
犠 打 井上浩、有村
併 殺 2
残 塁 10 9
盗 塁 大坂
失 策 藤井 有村、山口乃
暴 投
捕 逸
京大
位置 名前 学年 出身校
[7] 石川 (4 国立) 4 1 1 0 1
[9] 北野 (3 北野) 4 2 0 2 0
H 北口 (2 北野) 1 1 0 0 0
[4] 西 (4 西京) 5 1 0 1 0
[5] (2 膳所) 4 0 0 1 0
[3] 岩城 (2 嵯峨野) 3 1 1 1 1
[2] 長野 (3 洛南) 4 1 0 1 0
[8] 中村 (4 天王寺) 3 0 0 0 0
H 吉田仁 (2 長田) 1 0 0 0 0
8 西村 (4 膳所) 0 0 0 0 0
[6] 藤井 (2 半田) 4 0 0 1 0
[1] (3 彦根東) 1 1 0 0 0
1 岡本凌 (2 大教大池田) 0 0 0 0 0
H 和田 (3 四日市) 1 0 0 0 0
1 坂下 (3 四日市) 0 0 0 0 0
H 野田 (2 山口) 1 0 0 0 0
1 仲村 (4 西京) 0 0 0 0 0
H 鈴木 (2 北野) 1 0 0 0 0
  37 8 2 7 2
  球数 打者
2 55 15 7 0 3 4
岡本凌 2 45 12 4 0 3 4
坂下 2 38 7 0 3 2 0
仲村 2 38 7 3 0 0 0
8 176 41 14 3 8 8


立命
位置 名前 学年 出身校
[4] 宮崎竜 (1 創志学園) 3 2 2 0 1
H4 大杉 (3 立命館) 1 1 0 0 0
[9] 井上浩 (4 報徳学園) 2 1 0 1 1
9 渡邉理 (3 東大津) 1 0 0 0 0
[5] 橋本和 (3 龍谷大平安) 5 3 1 1 0
R5 森田 (3 立命館宇治) 0 0 0 0 0
[2] 大本 (4 掛川西) 3 1 1 0 1
2 榮枝 (3 高知) 1 0 0 0 0
[8] 三宅 (3 神港学園) 3 1 0 0 2
[3] 白瀧 (1 履正社) 2 0 0 0 1
3 山中 (3 明豊) 0 0 0 0 1
R3 百田 (3 立命館宇治) 0 0 0 0 0
[7] 大坂 (4 東邦) 2 1 1 0 1
H7 石田 (2 履正社) 1 0 0 1 0
[6] 山口乃 (2 天理) 4 3 3 0 0
[1] 有村 (3 秀岳館) 2 0 0 0 0
H 島谷 (2 福井工大福) 1 1 0 0 0
R 福武 (3 東海大甲府) 0 0 0 0 0
1 糸井 (4 立命館) 0 0 0 0 0
1 山下貴 (4 時習館) 0 0 0 0 0
  31 14 8 3 8
  球数 打者
有村 7 112 30 6 6 2 1
糸井 1 13 4 1 0 0 1
山下貴 1 21 5 1 1 0 0
9 146 39 8 7 2 2

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6