2019年度春季リーグ戦
試合詳細
3回戦 第2試合
 関学13 - 0京大

【5月20日(月) 南港中央野球場 試合開始13:24 終了16:01試合時間2時間37分】
[球審]金岡(同大OB) [一塁審]三宅(近大OB) [二塁審]樽本(関大OB) [三塁審]東條(関学OB)

勝利投手:黒原(3勝4敗)
敗戦投手:藤原(1勝5敗)
  R
関学 1 3 0 0 0 3 4 2 0 13
京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
<戦評>
 関学が16安打13得点の猛打で京大を下し、勝ち点を獲得した。
 関学は初回、死球と犠打で一死二塁の好機を作ると、岩井(3・関西学院)の適時打で先制に成功する。
 続く2回、一死から黒原(2・智辯和歌山)が安打で出塁すると、野口春(3・智辯和歌山)の3号2ラン本塁打で2点を勝ち越す。さらに、藏本(4・小倉)の二塁打と岩井の適時三塁打で計3点を挙げる。
 攻撃の手を緩めない関学は6回、無死から野口春が二塁打で出塁し、敵失と岩井の犠飛で2点を追加すると、続く尾(4・関西学院)に3試合連続となる3号ソロ本塁打が飛び出し、試合を決めた。
 投げては、黒原、小田(4・熊本第一)の完封リレーで京大に付け入る隙を与えなかった。
 京大は3失策13失点と守備からリズムを作ることが出来ず、悔しい敗戦を喫した。
 
   関学 京大
投 手 黒原、小田 藤原、長谷川、安田、坂下、岩本
捕 手 板倉 長野
本塁打 野口春3号2ラン(2回)、尾3号ソロ(6回)   
三塁打 岩井   
二塁打 蔵本、野口春、金子   
犠 打 中内、藏本、岩井、板倉、小田 北野、長野
併 殺
残 塁 10 11
盗 塁 北野、藏本、中内 藤井2
失 策 蔵本、中内 長谷川、北野、中村
暴 投 長谷川
捕 逸
関学
位置 名前 学年 出身校
[6] 蔵本 (4 小倉) 4 1 0 0 1
[4] 中内 (4 今治西) 5 2 1 2 0
[7] 岩井 (3 関西学院) 4 3 5 0 0
1 小田 (4 熊本第一) 0 0 0 0 0
[3] (4 関西学院) 5 1 1 2 1
[9] 瀧本 (3 三重) 4 1 0 0 2
[5] 北野 (3 履正社) 4 1 0 0 1
[2] 板倉 (4 松江北) 4 0 0 1 0
[1] 黒原 (2 智辯和歌山) 2 1 0 1 1
H 杉園 (2 明豊) 1 1 0 0 0
R 三谷勇 (4 熊本北) 0 0 0 0 0
7 金子 (2 報徳学園) 1 1 0 0 0
[8] 野口春 (3 智辯和歌山) 5 4 5 0 0
  39 16 12 6 6
  球数 打者
黒原 60 96 24 3 5 2 0
小田 3 52 14 3 3 2 0
9 148 38 6 8 4 0


京大
位置 名前 学年 出身校
[6] 藤井 (2 半田) 4 3 0 0 1
[4] 北野 (3 北野) 2 0 0 1 0
H4 野田 (2 山口) 1 0 0 0 1
[7] 西 (4 西京) 4 0 0 2 0
[5]3 (2 膳所) 4 0 0 0 0
[9] 石川 (4 国立) 2 2 0 0 2
[3] 岩城 (2 嵯峨野) 3 0 0 1 0
1 安田 (3 洛星) 0 0 0 0 0
8 西村 (4 膳所) 0 0 0 0 0
H 鈴木 (2 北野) 1 0 0 0 0
1 岩本 (2 洛星) 0 0 0 0 0
[2] 長野 (3 洛南) 2 0 0 1 0
H 北口 (2 北野) 1 1 0 0 0
[1] 藤原 (4 東海大仰星) 0 0 0 0 0
H 立平 (3 浅野) 1 0 0 1 0
1 長谷川 (4 岐阜) 1 0 0 0 0
5 八木 (3 兵庫) 1 0 0 0 0
H 松下 (2 明和) 1 0 0 1 0
[8] 中村 (4 天王寺) 2 0 0 1 0
H 家入 (4 三国丘) 1 0 0 0 0
1 坂下 (3 四日市) 0 0 0 0 0
8 右京 (3 湘南) 0 0 0 0 0
H (4 洛星) 1 0 0 0 0
  32 6 0 8 4
  球数 打者
藤原 2 42 14 5 1 3 4
長谷川 4 60 18 3 5 1 0
安田 1 29 8 4 0 1 2
坂下 10 13 6 2 0 1 2
岩本 1 13 4 2 0 0 0
9 157 50 16 6 6 8

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6