2019年度春季リーグ戦
試合詳細
3回戦 第2試合
 立命3 - 1関学

【4月8日(月) わかさスタジアム京都 試合開始13:43 終了17:24試合時間 3時間35分】
[球審]石川(関大OB) [一塁審]長尾(近大OB) [二塁審]岩佐(京大) [三塁審]木下(同大OB)

勝利投手:有村(1勝1敗)
敗戦投手:松田(1敗)
  十一 十二 R
立命 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
関学 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
<戦評>
 立命が激闘の延長戦の末勝利し、貴重な勝ち点を得た。
 立命は2回、先頭の榮枝(3・高知)と百田(3・立命館宇治)の安打で二死一、二塁とすると、池上(2・報徳学園)が適時打を放ち先制点を挙げる。
 6回に追いつかれ、同点で迎えた延長12回、榮枝の右線を破る二塁打などで二死一、二塁の好機を作ると、有村(3・秀岳館)が適時打を放ち、待望の勝ち越し点を自らのバットで奪う。続く池上も適時打を放ちこの回2得点を挙げ、これが貴重な決勝点となった。
 投げては8回から登板した有村が5回を無失点、1安打8奪三振の好投を見せた。
 関学は、黒原(2・智辯和歌山)が10回172球の熱闘を見せるも味方の援護に恵まれず手痛い敗戦となった。
   立命 関学
投 手 坂本、有村 黒原、松田
捕 手 榮枝 板倉
本塁打    
三塁打    
二塁打 榮枝  中内 
犠 打 井上浩 仲田、板倉
併 殺 1 1
残 塁 14 7
盗 塁 宮崎尚2、井上浩、橋本和
失 策 中内、蔵本
暴 投 坂本 黒原2
捕 逸
立命
位置 名前 学年 出身校
[7] 宮崎尚 (3 立命館) 5 1 0 0 1
[8] 井上浩 (4 報徳学園) 5 0 0 0 0
[5] 橋本和 (3 龍谷大平安) 3 0 0 1 3
[2] 榮枝 (3 高知) 5 2 0 3 1
[9] 三宅 (3 神港学園) 6 1 0 1 0
[3] 百田 (3 立命館宇治) 5 2 0 1 1
[4] (2 明豊) 4 0 0 1 0
1 有村 (3 秀岳館) 1 1 1 0 1
[6] 池上 (2 報徳学園) 6 2 2 2 0
[1] 坂本 (4 福岡大大濠) 2 0 0 0 1
4 山口乃 (2 天理) 2 0 0 0 0
  44 9 3 9 8
  球数 打者
坂本 7 106 25 3 6 2 1
有村 5 74 19 1 8 3 0
12 180 44 4 14 5 1


関学
位置 名前 学年 出身校
[6] 蔵本 (4 小倉) 5 0 0 1 0
[4] 中内 (4 今治西) 5 2 0 0 0
[2] 板倉 (4 松江北) 3 1 0 0 1
[3] 高尾 (4 関西学院) 3 0 0 1 2
R 岡田貫 (4 須磨友が丘) 0 0 0 0 0
[7] 金子 (2 報徳学園) 3 0 0 2 0
H 福島 (4 長良) 1 0 0 1 0
7 長尾 (1 報徳学園) 0 0 0 0 0
H 北野 (3 履正社) 0 0 0 0 1
[9] 前原 (4 関西学院) 4 0 0 2 1
[5] 仲田 (4 九州学院) 2 1 0 0 0
H 花本 (4 桜塚) 1 0 0 1 0
5 古川 (4 履正社) 1 0 0 1 0
[1] 黒原 (2 智辯和歌山) 3 0 0 2 0
H 多木 (4 坂出) 1 0 0 0 0
1 松田 (4 静岡) 0 0 0 0 0
H 杉園 (2 明豊) 1 0 0 1 0
[8] 野口 (3 智辯和歌山) 4 0 0 2 0
  37 4 0 14 5
  球数 打者
黒原 10 172 44 6 9 7 1
松田 2 25 9 3 0 1 2
12 197 53 9 9 8 3

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6