令和2年度秋季リーグ戦
試合詳細
1回戦 第1試合
 関大1 - 5立命

【9月26日(土) ほっともっとフィールド神戸 試合開始9:27 終了12:03試合時間2時間36分】
[球審]野田(京大OB) [一塁審]和田(近大OB) [二塁審]水野(同大OB) [三塁審]大井(関学OB)

勝利投手:有村(2勝)
敗戦投手:高野(1敗)
  R
関大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
立命 0 2 2 0 0 0 1 0 x 5
<戦評>
 立命が、手堅い守備で関大を下した。
 立命は2回、先頭の橋本和(4・龍谷大平安)が敵失で出塁し、森田皓(4・立命館宇治)の内野安打などで一死満塁の好機を作ると、暴投で先制する。なおも、一死二、三塁で福武(4・東海大甲府)が中前適時打を放ち、1点追加する。
 続く3回、桃谷(1・履正社)の左翼線二塁打と大杉(4・立命館)の中前安打で無死一、三塁とすると、敵失で1点追加し、さらに榮枝(4・高知)の左前適時打でこの回一挙2点を奪う。
 7回には、大杉が二塁打で出塁し、内野ゴロの間に三塁へ進むと、ボークで本塁へ還り、1点を追加し関大を突き放した。
投げては、有村(4・秀岳館)が7回9奪三振の好投を見せ、チームに流れを引き寄せた。
 関大は、投打ともに噛み合わず悔しい敗戦を喫した。
   関大 立命
投 手 高野、辰己、古西、桃尾 有村、國居、村上
捕 手 久保田拓 榮枝
本塁打    
三塁打    
二塁打 上神、小河  桃谷、大杉、琉 
犠 打 森田皓
併 殺 1
残 塁 8 6
盗 塁 桃谷
失 策 野口、安藤
暴 投 高野
捕 逸
関大
位置 名前 学年 出身校
[8] 安藤 (3 西条) 4 1 0 1 0
[5] 久保田有 (3 福岡大大濠) 4 1 0 2 0
[3] 上神 (2 佐久長聖) 4 1 0 1 0
[6] 野口 (3 鳴門渦潮) 3 2 0 0 1
[2] 久保田拓 (3 津田学園) 4 1 1 1 0
[4] 坂之下 (3 大阪桐蔭) 4 1 0 0 0
[9] 吉川 (4 土佐) 4 1 0 3 0
[7] 小河 (2 大社) 4 1 0 0 0
[1] 高野 (4 出雲商) 1 0 0 1 0
1 辰己 (2 米子松蔭) 0 0 0 0 0
H 藤崎 (3 崇徳) 1 0 0 1 0
1 古西 (1 社) 0 0 0 0 0
H 目片 (3 比叡山) 1 0 0 0 0
1 桃尾 (3 滝川第二) 0 0 0 0 0
H 西川将 (4 聖光学院) 1 0 0 1 0
  35 9 1 11 1
  球数 打者
高野 20/3 48 11 4 2 1 1
辰己 2 37 10 1 0 3 0
古西 2 38 7 0 2 1 0
桃尾 2 30 7 2 1 0 1
8 153 35 7 5 5 2


立命
位置 名前 学年 出身校
[9] 桃谷 (1 履正社) 3 1 0 1 1
[3] 大杉 (4 立命館) 4 2 0 0 0
[8] 三宅 (4 神港学園) 4 0 0 1 0
[5] 橋本和 (4 龍谷大平安) 3 0 0 0 1
[2] 榮枝 (4 高知) 3 1 1 1 1
[4] (3 明豊) 3 1 0 1 1
R4 広田 (2 立命館) 0 0 0 0 0
[7] 森田皓 (4 立命館宇治) 2 1 0 1 1
[6] 福武 (4 東海大甲府) 4 1 1 0 0
[1] 有村 (4 秀岳館) 3 0 0 0 0
1 國居 (3 駒込) 0 0 0 0 0
1 村上 (3 津名) 0 0 0 0 0
  29 7 2 5 5
  球数 打者
有村 7 109 29 9 9 0 1
國居 1 16 4 0 0 1 0
村上 1 11 3 0 2 0 0
9 136 36 9 11 1 1

関西学生野球連盟 KANSAI BIG 6