関西学生野球連盟 リーグ戦観戦ガイド

・リーグ戦 春(4月〜5月)と秋(9月〜10月)の年2回リーグ戦を行っております。
       春のリーグ戦で優勝した大学は6月に行われる全日本大学野球選手権大会に関西学生野球連盟代表として出場することができます。
       秋のリーグ戦で優勝した大学はその後、関西五連盟の秋季リーグ戦優勝大学が集まり代表決定戦(トーナメント制)を行い、その大会
       で優勝した大学が関西地区代表として11月中旬に行われる神宮大会に出場することができます。

・ベンチについて
       節の初戦のベンチについては昨季の当該大学との対戦において勝点を挙げた大学が原則として三塁側ベンチに入ります。
       その後一日毎にベンチが入れ替わります。試合では三塁側の大学が先攻、一塁側の大学が後攻となっております。
       ※関関戦と同立戦はベンチが固定されたままで先攻、後攻だけが変わります。

・関西学生野球連盟ではリーグ戦において加盟六大学によります総当たり・勝点制を採用しております。

総当たり・勝点制とは
       六大学全てのチームと対戦します。勝点は2戦先取しますと「1」獲得できます。
       したがって同一チームと2試合もしくは3試合が行われます。
       順位は勝点が多い大学が上位となり、勝点が並んだ場合は勝率の高い大学が上位となります。

(例) □□大学 ○2−1● △△大学
    □□大学 ●3−5○ △△大学
    □□大学 ○4−2● △△大学
      →この時点で□□大学に勝点「1」が与えられます。

・伝統の一戦
       関西学生リーグには関西大学と関西学院大学による関関戦、同志社大学と立命館大学による同立戦が伝統の一戦として長い間
       多くの大学野球ファンの方に親しまれてきております。


関 関 戦

関西大学と関西学院大学による伝統の一戦。
甲子園球場を舞台に熱戦が繰り広げられております。
関関戦の前には両校チアリーダー部による演舞が行われ、また試合中も両校応援団による白熱した応援合戦が行われており華やかな雰囲気の中試合が行われております。
このように試合以外にも見る人を楽しませてくれる多くの見所が両大学より用意されております。一度甲子園球場へ足を運んで関関戦を御覧ください。

(写真:関関戦の試合風景)






同 立 戦

京都の名門、同志社大学と立命館大学による伝統の古都決戦。
舞台となる京都市の西京極球場には両大学の学生、大学野球ファンの方々など多くの方が集まり、球場は熱気で溢れております。
試合前には両校チアリーダー部によります演舞や地元の少年野球チームの選手による始球式、そして試合中は同志社大学、立命館大学両校応援団、学生が一体となって熱い応援が繰り広げられ同立戦をいっそう盛り上げています。

  
(写真:左 同志社大学応援席、右 立命館大学応援席)