関西学院大学 
8年(14季・20春を除く)ぶり15回目の優勝
・令和3年度春季リーグ戦
・個人成績
・令和3年度前期チャレンジトーナメント


春季パンフレット 発売中

詳しくはこちら
<勝敗表> 2021年春季リーグ戦
順位 チーム 勝点 勝率
1 関学 5 12 10 2 0 0.833
2 立命 4 13 9 3 1 0.750
3 近大 3 13 7 5 1 0.583
4 同大 2 13 5 7 1 0.416
5 関大 1 13 4 8 1 0.333
6 京大 0 10 0 10 0 0.000


 
第1試合 立命6-3関大 
令和3年度前期チャレンジトーナメント
観客について
 1回戦は保護者のみ、準決勝、決勝は無観客試合
6月24日(木) 於:豊島公園野球場 (豊中ローズ)
 1回戦
第1試合 関学 - 近大 関学不戦勝
第2試合 立命6-3関大
6月26日(土) 於:立命館大学 柊野総合グラウンド
 準決勝
第1試合 関学 - 京大 (10:00)
第2試合 同大 - 立命 (12:30)
6月27日(日) 於:立命館大学 柊野総合グラウンド
 決勝 (10:00)


   

関西学生野球連盟BIG6





関西学生野球連盟 @kansaibig_6





関西学生野球連盟‏ @kansaibig_6




<戦評>
 立命が劇的な逆転勝利で収め、準決勝へと駒を進めた。
 3点を追う7回、立命は四死球で好機を作り、景山(1・立命館守山)の右前適時打と竹内(1・創志学園)の中越適時二塁打で2点を返す。
 1点差で迎えた9回、野夫井(1・社)が左前安打で出塁すると、西村唯(2・高知)が右越えツーラン本塁打を放ち、逆転に成功する。さらに南谷(1・中京大中京)の左越え適時二塁打で2点を追加し、勝負を決めた。
 投げては、4人の投手陣が粘りの投球を見せ、逆転勝利を手繰り寄せた。
 関大は、9回までリードするも投手陣が粘り切れず、惜敗を喫した。

第2試合
<戦評>
≪球場へお越しのお客様へ≫
各球場には十分な駐車場がございません。
お越しいただく際は公共交通機関をご利用して頂きますよう
よろしくお願いいたします。
各球場へのアクセスはこちらをご参照ください。